引き直し計算とは?

個人でお金を借りる場合、個人向けの消費者金融で借りるケースが多いですが、借金を多く抱えてしまい多重債務者が増えてしまい社会現象になったことがありました。返済できればよいのですが、複数の消費者金融に借りてしまい返済できない方が多くなったことを受けて貸金業法が改正されて利息制限法も改正されました。法律が改正されるまではグレーゾーン金利というのが存在し、金利の上限が曖昧なため、個人では返済できない金利で借金をしているケースがありました。現在でも法律の見直しは進められていますが、グレーゾーン金利があったため、条件によっては過払い金請求をすることで、多く払っていた金額を戻してもらえることができます

利子どれくらいの過払い金があるかは引き直し計算をすることで金額を調べることができます。計算方法には外山式、名古屋式がありエクセル形式で個人でも掲載することは可能です。引き直し計算ソフトは無料で公開されていますが、計算をするのは取引履歴が必要になります。取引履歴は借りている会社に申請すれば情報を入手することができます。個人でも手続きをして計算すれば過払い金はチェックできますが、過払い金請求の手続きなどは専門知識を持っている弁護士に依頼をした方が安心感はあります。