過払い金請求の条件

電卓条件によって過払い金請求の可能性を検討できますが、いくつかの条件があります。借金をする際に金利が発生しますが、18パーセントを超えていて5年以上も返済している方は対象になる可能性があります。借金のルールは利息制限法で決まっており、借りる金額によって設定できる金利に上限があります。10万円未満の借金の場合だと年20パーセントまでが上限になります。100万円未満だと年18パーセントまでが上限で、100万円以上の借金だと年15パーセントが条件になっています。

利息制限法によって金利は制限されていますが、金融機関によって上限以上に金利を払っているケースもあります。利息制限法よりも多く支払っている金額については、過払い金請求ができるので借金を減らすことができたり、完済済みでも返済を請求できたりします。金融機関に借入をした時にサインをしているので、請求できるのか不安になるかもしれませんが、利息制限法では制限を超えた金利については契約を無効にできるという文言があります。弁護士に依頼をすると引き直し計算というのをしてくれるので、返済金が多くなっていないかを再計算してくれます。利息制限法以外にも貸金業法や出資法といった法律があり、改正はされましたが過払い金請求については引き直し計算したほうが整理されます。