引き直し計算とは?

個人でお金を借りる場合、個人向けの消費者金融で借りるケースが多いですが、借金を多く抱えてしまい多重債務者が増えてしまい社会現象になったことがありました。返済できればよいのですが、複数の消費者金融に借りてしまい返済できない方が多くなったことを受けて貸金業法が改正されて利息制限法も改正されました。法律が改正されるまではグレーゾーン金利というのが存在し、金利の上限が曖昧なため、個人では返済できない金利で借金をしているケースがありました。現在でも法律の見直しは進められていますが、グレーゾーン金利があったため、条件によっては過払い金請求をすることで、多く払っていた金額を戻してもらえることができます

利子どれくらいの過払い金があるかは引き直し計算をすることで金額を調べることができます。計算方法には外山式、名古屋式がありエクセル形式で個人でも掲載することは可能です。引き直し計算ソフトは無料で公開されていますが、計算をするのは取引履歴が必要になります。取引履歴は借りている会社に申請すれば情報を入手することができます。個人でも手続きをして計算すれば過払い金はチェックできますが、過払い金請求の手続きなどは専門知識を持っている弁護士に依頼をした方が安心感はあります。

過払い金請求の条件

電卓条件によって過払い金請求の可能性を検討できますが、いくつかの条件があります。借金をする際に金利が発生しますが、18パーセントを超えていて5年以上も返済している方は対象になる可能性があります。借金のルールは利息制限法で決まっており、借りる金額によって設定できる金利に上限があります。10万円未満の借金の場合だと年20パーセントまでが上限になります。100万円未満だと年18パーセントまでが上限で、100万円以上の借金だと年15パーセントが条件になっています。

利息制限法によって金利は制限されていますが、金融機関によって上限以上に金利を払っているケースもあります。利息制限法よりも多く支払っている金額については、過払い金請求ができるので借金を減らすことができたり、完済済みでも返済を請求できたりします。金融機関に借入をした時にサインをしているので、請求できるのか不安になるかもしれませんが、利息制限法では制限を超えた金利については契約を無効にできるという文言があります。弁護士に依頼をすると引き直し計算というのをしてくれるので、返済金が多くなっていないかを再計算してくれます。利息制限法以外にも貸金業法や出資法といった法律があり、改正はされましたが過払い金請求については引き直し計算したほうが整理されます。

弁護士への無料相談

弁護士何かしらの理由で借金をしてしまう事がありますが、条件によっては弁護士に相談することで今の借金を減らすことができます。何年も返済をしているけど、なかなか返済する借金が減らないという方は弁護士への無料相談サービスがありますので、相談してみると人生設計が出来るかもしれません。借金には過払い金請求という手続きがあり、現在の借金の状況によっては利息を払いすぎているケースがあります。どういった条件で過払い金請求ができるかは、専門的な知識を持っている弁護士さんに相談してみなければ分からない事があります。

専門知識を持っている弁護士に相談してみることで返済スケジュールなども計画しやすくなりますので、将来への不安が解消される可能性もあります。自身の借金の状況を調べて過払い金請求が可能かを調べることもできますし、過払い金請求ができないケースであっても、条件によっては借金を減額できるケースもあります。過払い金請求ができないケースの場合でも、任意整理や自己破産、民事再生といった手続きをとることで借金を整理して将来設計をリセットすることも合わせて相談することができます。過払い金請求は借金を完済していても請求することができます。完済できる期間は決まっていますが、払いすぎていた返済金を戻してくれるケースもあります。自身の借金だけでなく両親から相続した借金についても過払い金請求をすることも可能です。両親が借金を完済していて相続した後でも過払い金請求の対象になります。